文字の大きさ
表示色の変更

理科やってみよう

理科やってみよう >> 記事詳細

2018/08/15

冷え冷えパック

Tweet ThisSend to Facebook | by 主担216
尿素が水に溶けると吸熱反応がおきます。
周りの熱を奪って溶けていきます。

キシリトール入りの飴玉などをなめると
スーッと感じるのも
キシリトールが溶ける時の吸熱反応を感じているのです。

暑い夏を涼しくする
冷え冷えパックを作ってみましょう。

※尿素を使いますので必ず大人の人と一緒に実験しましょう。

園芸用肥料の尿素・アルミ箔・チャック付ビニル袋を用意します。


アルミ箔で、袋を作り、水を入れます。
袋はチャック付の袋より小さくなるようにします。
水が漏れないようにしっかり閉じておきましょう。






チャック付の袋に、水と同じくらいの量の尿素を入れます。


水の入ったアルミ箔袋をチャック付袋に入れます。



★後で中の水が漏れないしっかり口を閉じます。
心配な時は、口をセロハンテープなどでとめておくとよいと思います。

軽く叩くなどして、アルミ箔の袋をつぶせば
水と尿素が混ざり合い、吸熱反応が起きます。

この時は何もいれていない袋と比べて




約8℃の差ができました。

ペットボトルなどに直接水と尿素を入れて溶かしても
吸熱反応を体験できます。

実験の後の尿素の水溶液は、肥料として花壇にまくことができます。

尿素は危険物などの指定はありませんが
大量に吸い込んだり、飲み込んだりすると危険です。
必ず大人の人と一緒に実験しましょう。

13:28