文字の大きさ
表示色の変更

理科やってみよう

理科やってみよう
12345
2019/09/02

バナナデザート

Tweet ThisSend to Facebook | by 主担216
2学期が始まりました。
元気に楽しく過ごしたいですね。

簡単にできるデザートを紹介します。

お菓子作りや料理の中にはたくさんの科学が生かされています。
今回紹介するデザートも科学の力を利用したものです。

果物に含まれる「ペクチン」という物質は、
酸や糖を加えると固まるHMペクチンと
カルシウムやマグネシウムによって固まるLMペクチンがあります。

HMペクチンはジャム作りに利用されています。

今回は、バナナに含まれるLMペクチンを
牛乳に含まれるカルシウムで固めたデザートです。
牛乳の量によって固さが変わります。

材料:バナナ1本・牛乳40~60ml





バナナを切って電子レンジで柔らかくします。(1~2分)





さらに細かくつぶします。



牛乳を加えて、混ぜます。



プリン容器などに入れて冷蔵庫で冷やします。



牛乳の量によって、。スイートポテトのような食感になったり
プリンのような食感になったりします。

好みの固さを研究してください。



バナナと牛乳は健康に良い食べ合わせだそうです。
15:32
2019/07/01

カラフルマーブリング

Tweet ThisSend to Facebook | by 主担216
あまった牛乳に
液体の食用色素を入れて色遊びを楽しみましょう。

用意するもの
食用色素(液体)・綿・牛乳または水・食器用洗剤・深い皿など


やや深めの皿や植木鉢の受け皿などに
牛乳または水を張ります。


液体の食用色素を数滴落とします。




丸めた綿に中性洗剤をしみこませて
静かに皿の中央に置きます。

色素が動いてきれいなマーブル模様が見られます。


何度か繰り返して、綿を位置を変えても楽しめます。
残った液に、ろ紙を入れて、色素を吸い込ませ、
水洗いして乾かしました。
綺麗なマーブル模様がうつしとれました。






動画は、8倍の早送りにしています。
15:01
2019/06/03

浮かぶ文字

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者216
ホワイトボードに書いた文字や絵が水に浮かびあがります。

ホワイトボードに絵を描きます。




描いた絵の上から水を静かに流します。



ガラスのコップの底などに書くと、少し浮かびにくくなりますが、
工夫次第で浮かびます。
 静かに一度水を捨てて再び水を入れたり、
水で薄めた炭酸水を用いたりすると簡単に浮かぶようです。





ホワイトボードマーカーには、インクを落としやすくする
水に溶ける剥離剤が含まれているそうです。
水をかけると剥離剤が溶けて、浮かび上がるのです。

※ホワイトボードマーカーの種類によって
浮かびにくいものがありました。
うまくいかない時はマーカーの種類を変えて試してみてください。
16:24
2019/05/23

くるくる模様をかこう

Tweet ThisSend to Facebook | by 主担216
輪を使ってきれいな模様を描いてみましょう。


ペットボトルのキャップにキリなどで穴をあけます。
穴は中心からずらした位置にあけます。


ペットボトルキャップの周りに輪ゴムを巻きます。





セロハンテープなど輪の中にキャップを置きます。
穴にペンをはめて回しながら書いていきます。




素敵な模様になります。
色を変えたり、穴の位置を変えたり、大きさを変えたりして
綺麗な模様を描きましょう。
15:26
2019/04/22

高尾山 春の自然

Tweet ThisSend to Facebook | by 主担216
高尾山での春の自然観察では、
例年では見られない春の初めの植物を観察することができました。

この季節は、スミレの花盛りです。


タチツボスミレ
登山道のあちらこちらにたくさん見られました。


マルバスミレ
葉の形は、スミレを見分けるポイントの一つです。

 
ナガバノスミレサイシン
「サイシン」とは、別の植物の「ウスバサイシン」に葉の形が似ていることから、
つけられた名前だそうです。




タカオスミレ
高尾山の固有種です。
花の時期には、葉が赤みを帯びることが特徴です。
花が終わると、葉は緑色に変わります。
涼しい日が続いたためか、今年は花を見ることができました。


エイザンスミレ
葉が切れ込むスミレの仲間です。


ミミガタテンナンショウ
花のふちが、耳たぶのように垂れ下がっています。


ニガイチゴ
高尾には、野イチゴがたくさんあります。
モミジイチゴの花も見られています。
実の色がそれぞれ違います。


ユキノシタ
葉は、しもやけの薬などにも使われたそうです。
乾燥に弱い植物です。
1号路の湧水の流れの岩の間に見られます。
岩の間からは、タゴガエルの声が聞かれます。
白い花を咲かせます。白い花の下の葉ということも名前の由来のようです。

 
シャガ
山の斜面は一面のシャガ畑の様でした。
ひらひらした花びらのようなめしべの裏におしべをつける
特徴のある植物です。



ノブキ
学校にあるフキと比べてみましょう。」
秋にみられる花の姿も随分違います。


ムラサキケマン


シロヤブケマン


キケマン
華鬘(ケマン)は仏具の飾り物の一つだそうです。


ヨゴレネコノメソウ

ヤマネコノメソウ
種子をつけた所が猫の目のように見えることからこの名がついたそうです。


ヤマブキ
枝にたくさん花をつけていました。
風に揺れる枝から、「山振り」と呼ばれ
「山吹」となったそうです。


ニリンソウ
毎年美しい姿を見ることができます。
2つづつ寄り添って咲く花です。

 
ツルカノコソウ
花の様子が、日本の「鹿の子模様に見えることから
名前が付きました。上から花を見るとよくわかります。


ミズヒキ
葉の模様が、楽しい植物です。
名前の由来は、秋になるとわかります。


コバノタツナミ
小さな葉から、立ち上がった花が特徴です。
花の姿が、波の様を思い起こさせることから「立浪」と名が付きました。


キランソウ
「キ」は、昔は、ムラサキを表す言葉でした。
墓地などで、びっしりと地面を覆う姿から
「地獄のかまのふた」などとも呼ばれます。


アオキ
赤い実をたくさんつけています。
木の幹まで緑色のことから、この名がついています。


ミツバ
1号路には小さな白い花がたくさんあります。
なかなか見分けがむずかいしですが、
よく見て調べることも楽しみの一つです。


ヤブニンジン


セントウソウ
春の初めに真っ先に花をつけることから
「先頭草」と言われます。


ミドリハコベ
学校にあるコハコベより、大型です。
茎が緑色で、立ち上がらないことが特徴です。

 
ヤブツバキ
花の美しさから園芸種がたくさん作られた植物です。
ぽたりと花を落とすことから、
あまり縁起が良くないといわれることもあります。

 
ホウチャクソウ
お寺などの軒下の宝鐸(ほうたく)が名前の由来です。
12:12
2019/04/08

スタンプ

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者216
学校の夏みかんが食べる前に落ちてしまいました。
夏みかんの皮には
リモネン と呼ばれる成分が含まれています。
リモネンは、発泡スチロールを溶かします。
ミカンの皮のリモネンを使って
オリジナルスタンプを作ってみました。

発砲スチロール・みかんの皮(なければオレンジ成分の入った洗剤などでもできます。)
絵具・洗濯のり・スタンプ台・筆を用意します。


洗濯のりに絵具を少し入れて色を付けておきます。





これを絵具代わりにして、発泡スチロールに図を描いて乾かします。





ミカンの皮を折り、出てきた汁を発砲スチロールに押しつけるようにすると
色を付けていない部分が溶けていきます。
こすると洗濯のりが落ちてしまいます。
こすらず押し付けるようにします。



洗濯のりはリモネンに溶けないので、
色を付けた部分は残ります。



余分な洗濯のりを水で洗い流します。



スタンプができました。

 

インクをつけて押してみましょう。



今回は、リンゴとハートと星を作ってみました。




15:24
2019/03/29

かわり電気クラゲ  天使の輪

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者216
以前、スズランテープで作ったクラゲを静電気で浮かべる実験をご紹介しました。
 

同様の仕組みの変わり種を紹介します。
風船、小さめのコンビニの袋、ティッシュペーパー、はさみを用意します。

コンビニの袋の底を切り取って、1cm位の幅に切ります。
切った部分を広げると輪になるように切ります。


ティッシュペーパーで膨らませた風船をこすります。



コンビニの袋もティッシュペーパーでこすります。



両方がマイナスの電気を帯びるため、近づけると反発するようになります。
切り取ったコンビニの袋を輪のように広げて
風船の上で手を放します。
風船を下から近づけると輪はふわふわと浮かびます。

湿度が低いほうが静電気起きやすいので
今の時期にぴったりの実験です。

※前回同様、夢中になって転ばないように
広い場所で遊びましょう。


14:11
2019/03/06

特別授業 滑車 6年生

Tweet ThisSend to Facebook | by 主担216
「てこ」を学習した6年生対象の特別授業がありました。
『滑車」は中学校での学習内容です。
中学校での授業をイメージしながらの体験となりました。
今回の特別授業では、
児童3人に一人ずつ、科学分野でご活躍されていた専門家の先生方がついて
ご指導くださいました。




定滑車や動滑車、二連滑車を使い、手ごたえの違いを調べた後、
ばねばかりを使い、違いを数値化しました。
また、それぞれの滑車で、おもりを同じ位置まで動かすために
どれだけ紐を引くのかを調べました。







すくない力で、おもりを動かすことのできる二連滑車は、
その分長く紐をひかなければならないことが分かりました。


同様のことが「てこ」にも当てはまることに気づくことができました。

学校の中で、使われている滑車を探してみると
理科室の可動式黒板や国旗掲揚のポール等にも使われていました。
クレーンやはしご車、エレベーターにも滑車が活躍していました。


「滑車」は大昔のピラミッド作りでも利用されていたそうです。
「滑車」のきまりを発見したのは、3大数学者といわれるアルキメデスです。
春休みの読書にぴったりの、科学の偉人伝をご紹介いただきました。
科学史を交えてのお話に充実した時間を過ごすことができました。
15:22
2019/02/28

輪ゴムころがし

Tweet ThisSend to Facebook | by 主担216
輪ゴムとばしならぬ輪ゴムころがしです。
いろいろなわっかをころがしてみましょう。



ペットボトルキャップ2個・竹串・ストロー・ビニルテープ・厚紙・
はさみ・きり を使います。
厚紙は、ペットボトルキャップより一回り大きく切っておきます。


キャップの中心にきりで穴をあけます。
竹串の太さより小さめの穴になるようにします。

 

厚紙の中央にも穴をあけておきます。
ペットボトルの間に厚紙を挟み、竹串を通します。
竹串の先は、はさみでキズをつけてから折り取っておきます。



ビニルテープを半分の、太さにして外側のキャップの周りに巻きます。





竹串が長い時は、適当な長さに切ります。



竹串に、3㎝位に切ったストローを通します。



ペットボトルキャップに輪ゴムをかけ、
片手でストローの部分を支え、
もう一方の手でコマを回すように竹串を回します


16:11
2019/02/20

特別授業 「貝の化石発掘」 6年生

Tweet ThisSend to Facebook | by 主担216
貝化石を手掛かりに「20万年前の環境を知ろう!」

6年生は「大地のつくり」単元で地層について学びます。
大地の歴史を知る手掛かりとなる地層には、化石が含まれていることがあります。
今回の特別授業では、20万年ほど前の地層を調べました。
地層は、茨城県の稲敷町の地層を講師の先生より提供していただきました。
始めに、化石の役割や化石の読み解き方をお話しいただきました。
地層が作られた当時の環境の手掛かりになる示相化石や
地層ができた時期を知る手掛かりとなる示準化石について学びました。




実際の化石発掘現場の様子を画像を交えて紹介していただきました。
化石は、見つけてからクリーニングをし、種類を調べ、住んでいた環境などを知ることによって価値づけがされていくそうです。
実際の研究の現場では、種類の判定や住んでいた環境など、化石から多くの事柄を読み取ることに膨大な時間をかけるそうです。


実施に地層から化石を見つけてクリーニング作業をしました。
大きなものになるとクリーニングに何年もかかるそうです。

授業では、手のひらのサイズの貝化石をクリーニングしました。
歯ブラシや竹串を使ってゴミや泥を取り除いていきます。




クリーニングした貝の形や厚み、溝や内側の模様、等を手掛かりに貝の種類を調べました。
貝以外にもサンゴやカニの爪の化石が見つかりました。




ついつい化石探しに夢中になってしまいますが、
化石から、当時の環境を知ることが今回のテーマです。





見つけた貝の名前や生息域の情報を書き出してみました。
すると潮間帯、推進50m~200m等、比較的浅い海に暮らす貝ばかりでした。

「貝の見分け方が難しい。」
「私たちは、用意していただいた図鑑を基に調べることができたけれど、
資料がない中で調べるのは大変な作業だ。」などの声の聞かれました。
博物館や大学の中で活躍する研究者の先生方の
仕事の一端に触れる時間となりました。
15:29
12345